HOW TO COOK

さらに美味しくするコツHOW TO COOK お肉の焼き方

安心して食べるために肉を洗う

どんな肉も、基本的にすべて洗ったほうが安全。雑菌が気になる人は水道水で表面を軽く洗い流します。キッチンペーパーで水分をきちんと取ってから焼きはじめて。

  • どんな肉も、基本的にすべて洗ったほうが安全。雑菌が気になる人は水道水で表面を軽く洗い流します。
  • キッチンペーパーで水分をきちんと取ってから焼きはじめて。

最後に美味しそうな焼き色をつける

  • 最後に美味しそうな焼き色をつける
  • 表面にカリッとした焼き色をつけると美味しそうに見えるもの。休ませた後、肉を焼いた油が残っているフライパンを煙が出るくらいに熱し、ほんの短時間だけ焼きつけます。

焦げずに焼き色がつく!ステーキRUB!

おすすめはコーヒー豆を使ったオリジナルのステーキRUB。コーヒー豆をペッパーミルでひき、塩とコショウを混ぜたものをまぶして焼きます。コーヒーの味はほとんどせず、焦げのない香ばしい焼き上がりに。

  • コーヒー豆をペッパーミルでひき、塩とコショウを混ぜたものをまぶして焼きます。
  • コーヒー豆をペッパーミルでひき、塩とコショウを混ぜたものをまぶして焼きます。

低温調理「ANOVA」で美味しくヘルシー

1kgのブロックなら、ANOVAを使って放っておくだけの低温調理。湯温は55℃に設定し、真空パックのままかポリ袋(できれば密封できるもの)に入れて湯の中へ投入。約1時間後に、肉の温度を測ってみます。50℃弱になっていたら、最後に焼き色をつけて完了。休ませる必要はありません。

  • 1kgのブロックなら、ANOVAを使って放っておくだけの低温調理。
  • 焼く1時間後に、肉の温度を測ってみます。
  • 50℃弱になっていたら、最後に焼き色をつけて完了。
  • 低温調理「ANOVA」で美味しくヘルシー

Back